靈氣(レイキ)とは

靈氣療法は日本発祥の「手当て療法」です。
施術者は患部に手を当て痛みや不快な症状を緩和します。
受け手の方にはまず、マッサージベッドに横になっていただくかいすに腰掛けていただきます。
目を閉じリラックスしていただき、頭部や患部に手を当てて靈氣を流していきます。

靈氣は、大正末期に臼井甕男 (うすいみかお)氏が断食修行の副産物として発見したものです。
靈氣エネルギーは特に人間の高次元の意識と共鳴し、靈氣を流すことによって自動的にエネルギーが調整され、本来の調和の取れた健康な状態へと導きます。

 

 

直傳靈氣(ジキデンレイキ)とは

 

臼井氏から林忠次郎氏へ伝わり、山口千代子氏が家庭療法として、長年実践してきたものを体系化したものです。

症状に応じた施術方法により、より治療効果が高いと言われています。(医師ではないので、病気の診断はしていません)

 

 

このような方におすすめ
・肩こり、頭痛、腰痛、けがによる痛みがある方
・ストレスがなかなか抜けず、体に緊張が続いている方
・内臓機能低下、血液・リンパの滞りなどによる冷え・むくみ・血行不良のある方
・思い癖、パターン、固定観念が強く、なかなか手放せないと思っている方。
・イライラ感、不安感がある方